ラブホテル&カップルホテルとは?

多汗症 治療 手掌 わきが体臭~体が冷えている人の汗はクサイ?!


ラブホテルとは?

ラブホテルとは、カップルが一時の休憩や性行為を目的に短時間(休憩)、もしくは宿泊で利用する事の出来る部屋を提供する施設。「ラブホ」、「ファッションホテル」、「ブティックホテル」「デートホテル」ともいう。もっと直接的な言い方として、「Hホテル」というのもある。以下、特段の記述のない限り日本国内におけるラブホテルについて説明する。

一般のホテルとの相違

* 予約が出来るラブホテルはめったにない。予約せずに利用するのが一般的であるため、多くのラブホテルは入り口付近に部屋の空き状況を示す「満」「空」の表示がある。
* 部屋を選ぶ際は、パネルを見て選ぶのが一般的である。空いている部屋の写真はバックライトが点灯して明るくなっており、ボタン押下によって予約をする。
* フロント周辺は、他の利用者及び従業員と顔を合わせない様に配慮されている場合が多い(部屋にある精算機や、フロントと各部屋を繋ぐエアシューターによって部屋にいながら会計が可能なケースもある)。
* 全ての部屋が「ダブル」(ダブルベッドが一つ)であり、いわゆる「シングル」(シングル用ベッドが一つ)や「ツイン」(シングル用ベッドが二つ)の部屋は少ない。
* チェックインする時間帯によっては、宿泊せずチェックアウトする事(休憩)が出来る。
* 入口に「休憩○○円、宿泊○○円」と表示された看板がある。通常利用できるのは休憩のみで、1~2時間程度が一般的である。宿泊が可能になる時刻は(地域差もあるが)20~22時以降であることが多く、金・土曜・祝前日などは23時~24時以降となるなど、更に遅いのが一般的である。逆に平日昼間は「サービスタイム」「フリータイム」などとして、通常休憩は3時間単位ほどのところを「7~17時」「13~20時」など長時間利用出来る事が多い。連休中やクリスマス、年末年始などは特別料金となるところが多く、たとえ同じホテル、同じ部屋であっても需給バランスに応じて利用料金が上下する。
* 部屋に入ると、鍵がフロントからの操作で遠隔ロックされ、電話でチェックアウトを告げるまで部屋から出られないところもある。
* 枕元には統合パネルが設置されており、照明やBGM、エアコンなどがベッドに寝ながらコントロール可能になっている。またコンドームが1個は用意されているところが多い(備え付のコンドームより多い数のコンドームを使用する場合は室内の自販機などで購入する)
* 備え付けの冷蔵庫に、有料又は無料で栄養ドリンクやミネラルウォーター、ゼリーなどの軽いデザートなどが用意されていることもある。
* 部屋を3人で利用できるホテルも多いが、大抵の場合は追加料金が必要である。
* 入り口が二重扉になっているところが増えてきている。

その他の特徴

* 1日中部屋に滞在していても困らないよう食事などのルームサービスがあることが多い。
* アダルト専門チャンネルと接続可能なテレビを設置している(一般的なホテルでは有料だが、ラブホテルではほぼ無料で見る事が出来る)。
* 回転ベッド※、ガラス張りの浴室(マジックミラーとなっていてベッドから浴室内が見えるケースもある)、壁や天井に大型の鏡、ウォーターベッド、SM用具などが備えられている事がある。
* 室内の自販機(冷蔵庫)には、アルコール飲料やソフトドリンクのみならず、バイブレータなどの用具がある事もある。
* ホテルによってはコスプレのコスチュームがレンタル出来る所もある。
* 複数のミラーボールが天井に吊り下がり、ライトアップ効果などで非日常を演出している所もある。
* サウナ室が浴室に備え付けてある場合もある。
* サウナ室の他にも、カラオケ機器、テレビゲーム、ジャグジーバス、パチンコやスロットマシーン、マッサージチェアなどが備わっている場合もある。一般的に設備が充実しているほど値段は高い。
* ホテル名に所在地の地名を取り入れるケースは少なく、著名人の名前や国内や海外の有名な地名、ロマンチックな語感の名称を採用する傾向がある。
* 旅館業法で、宿帳(宿泊者名簿)の設置を義務づけており、当然ラブホテルにもあるが、まともに記入する人はいない。又、それを良い事に宿泊者数を実際の宿泊者数より少なく計上する業者がいて、脱税の温床になっているといわれている。

なお※については、1985年の新風営法によって上記の「政令で定める構造又は設備」のひとつとなり、「店舗型性風俗特殊営業」認定による経営上のデメリット(教育施設の近くで営業できない等)を避けるために撤去/可動停止の動きが進み、新規設置も行なわれなくなった。そのため、2006年現在では姿を見る事は少ないが、現役で可動の回転ベッドを設置している古いホテルも各地に残存している(例えば、東京都内では鴬谷、駒込周辺に数軒確認されている)。また、主に個人向けの設備として回転ベッド自体は現在も新製品が製造・販売されており、東京ビッグサイトで行なわれるラブホテル向けの展示会にも出品されている。地方ではこうしたベッドを新規設置する店もごく稀に登場しているが、全般的に言えば今後の設置拡大は見込めない情勢である。

歴史

この種の場所の起源は、江戸時代の出会茶屋にまで遡る事が出来るといわれる。第2次世界大戦前には「待合」「赤線地帯」がその機能を果たしていた。第2次世界大戦後には「連れ込み宿」が多く登場した。1980年代頃から回転ベッドなど豪華な設備のホテルが建設された目黒エンペラー《目黒川沿いに存在し、現在は「目黒倶楽部 石庭」と改名》が有名であった。なお、現在はこのような形態でラブホテルを新規開業する事はほぼ不可能なため、ビジネスホテルで申請し、認可が下りた後に小規模な改装をして営業をしている所がほとんどである。そのため外観的に一般のホテルと大差ないラブホテルが増えてきている。

かつての連れ込み宿では、女中がお茶を持ってきて「どうぞごゆっくり」などと意味深なあいさつをしていったというが、現在のラブホテルでは受付・会計も店員と顔を合わせずに出入り出来るようになっている事も多い。ただし、一時期ラブホテルにおける殺人事件が多発したため、警察の指導により防犯ビデオが設置されている事が一般である。これは顧客名簿に記入しない事に対する代替処置である。又、子供連れやペット同伴、外国人、同性同士の利用を拒否していたラブホテルも多かったが、現在では減少している。

類似語

* 逆さクラゲ - かつての連れ込み宿が温泉を示すマークを表示していた事から使われた隠語。
* モーテル - モーター+ホテルで、自動車のまま入れる形式のホテルの事。ただし、英語の「MOTEL」にはそのようなニュアンスはまったく無い。「ADULT MOTEL」という言い方はあるがその存在も名称もあまり一般的ではない。
* ファッションホテル・ブティックホテル - 若い世代に合わせたおしゃれな内装のホテル。
* レンタルルーム - 男女が性行為目的で使用する部屋とされているが、実際にはホテルヘルスなどの無店舗型風俗店のサービス提供場所として利用されているケースが多い。ホテルとは性格が異なり一部を除いては宿泊は出来ない。

立地

* 繁華街の少しはずれに密集し、いわゆるラブホテル街を形成している場合がある。
* 寺が密集する寺町周辺。精進落としとして栄えた遊郭街の名残が主(東京・鶯谷、大阪・下寺町、名古屋・新栄)
* 高速道路のインターチェンジ周辺や幹線道路沿いにもしばしば見られる。(名神高速一宮IC付近や京葉道花輪ICなど)

日本における諸データ

日本国には2005年現在約3万軒のラブホテルがあり、1軒あたりの平均客室は、約20室。一部屋につき1日2.3組の客が利用すると云うデータ[1]を元に計算すると、1日の全国の利用者は、約2000万人に達し裏の基幹産業の一つであろう。

* 出典
1. ^ 業界誌・「レジャーホテルマネージメント&リニューアル」綜合ユニコム社刊

風俗営業法に「店舗型性風俗特殊営業」の一つとして「専ら異性を同伴する客の宿泊(休憩を含む。以下この条において同じ。)の用に供する政令で定める施設(政令で定める構造又は設備を有する個室を設けるものに限る。)を設け、当該施設を当該宿泊に利用させる営業」(第2条第6項7号)とあるが、政令の基準と一般にラブホテルと考えられる内容に差異があり、「店舗型性風俗特殊営業」に該当しないラブホテルも数多い。

* ホテル内で経営者又は利用者に設置された隠しカメラで撮影された映像が、市場に出回るという過去があった。

* リビアの最高指導者ムアンマル・アル=カッザーフィーは、日本のラブホテルで使われている回転ベッドを業者から輸入し愛用していた。これはトリポリにあるリビア大統領官邸が米軍に爆撃された時、各国の報道陣が現場映像を公開したため明らかとなった。

* 新宿歌舞伎町ラブホテル連続殺人事件…1981年3~6月に東京都新宿区歌舞伎町のラブホテルで3人の女性が相次いで殺害された事件(未解決)。ラブホテルにおける防犯対策が取られる契機になった事件でもある。

* 海外において、日本を紹介する雑誌などの特集の中で、ラブホテルが取り上げられる事がある。欧米では、性交渉のみを目的とした同種の施設が駅前や街中に公然と存在することは珍しい(必要な場合は、自宅や、一般の宿泊施設が利用されるのが一般的である)。このため、日本の都市部の狭小な住宅事情からくるプライバシー確保問題などと関連させて論じられる事もある。日本を批判的に論ずる意見の中で述べられることも多い。

* 韓国において、日本のビジネスホテルにあたる中価格帯のホテルが極めて少ない為、ラブホテルを外国人観光客も含め、一般旅行者が利用する事がある。価格の割りに設備がよい事から外国人観光客に人気のホテルもある。韓国には、いわゆる日本式ラブホテルから、韓国独自の「荘旅館」「旅館」などが存在する。ホテルによっては、宿泊者の多くが旅行者というところもあり、日本のようにすべてをラブホテルとして画一的に線引きするのは難しい。ただし、ラブホテルには必ずTVチャンネルにアダルト放送があるので、それが一般ホテルとの違いとなっている。また一部地域において、住宅団地内に、韓国の商習慣にのっとりラブホテルが密集し、近隣住民とトラブルになっている例もある。

* 2005年のAPEC釜山首脳会議では、市内のホテル不足が深刻化し、取材に訪れた各国記者がラブホテルに宿泊させられる事態となった。






1. 2. 3. 4 5.
Copyright (C) 2007 otokuna.com, All rights reserved.
inserted by FC2 system